説得力のある文章を書く方法

こんにちは、えらせんです。

今日は文章をテーマに書いていきます。

 

文章を書けることは現代の資産

 

自分の意見を伝えたいときに、
同じ意見でも「どう伝えるか?」
によって、その価値は変わります。

「なんかこの人の言うことは正しそう!」
って思われると人生得します。

・人を動かしたい時
・自分の気持ちを伝えたい時
・何かものを売りたい時

全部表現力がものを言います。

 

最近だったらYouTuberになりたい!
とかも発信力が全てですよね。

 

恋愛も、ビジネスも、人間関係も、
ぜーんぶ発信力がものをいう。

そんな人生全般に使える、
表現方法をお伝えします。

 

文章を書くためには「反論」が命

 

まずはこの文章を見てください

 

「僕は、iPhone13を買うべきだと思う。なぜならカメラ機能がいいからです。」

 

これは主張と理由だけの文章。

どうでしょうか?

これだけだと、説得力があるとは言えません。
ただのつぶやきです。

 

これに少し反論をしてみます。

「僕は、iPhone13を買うべきだと思う。なぜならカメラ機能がいいからです。」

「カメラ機能が上がっただけで、高いお金出すのはもったいないでしょ」

 

と。

この反論に、再反論していきます。

 

「僕は、iPhone13を買うべきだと思う。なぜならカメラ機能がいいからです。」

「カメラ機能が上がっただけで、高いお金出すのはもったいないでしょ」

「ピンボケの動画を撮るには一眼レフが必要で、一眼レフは15万円くらいする。iPhone13を買えば一眼レフ並のカメラ機能がついてくるので、スマホ自体は無料のようなものです。」

 

再反論をしてみました。

 

これを続けて書くと、

僕は、iPhone13を買うべきだと思います。なぜならカメラ機能がいいからです。

もしかしたら

「カメラ機能が上がっただけで、高いお金出すのはもったいないでしょ」

と、思う人もいるかもしれません。

でも、ピンボケの動画を撮るには一眼レフが必要です。一眼レフは15万円くらいします。

そう考えると、一眼レフ並のカメラ機能がついているiPhone13は、実はスマホ部分は無料のようなものと言えるでしょう。

なので、iPhone13は買いです。

 

と、なりました。

 

説得力のある文章の書き方まとめ

 

主張と理由

自分の意見に反論してみる

その反論に再反論する

っていう3ステップで書くことで
説得力がぐんっと上がったと思います。

 

これは文章だけでなく、話す時でも
「反論されそうなことを自分から言う」
ことで、説得力を増すことができます。

 

一人で反論を考えて、一人で答える。
ひとり会議をしていくと、自分の意見は強くなります。

 

「この意見は正しいんだ!」
って思う時ほど、自分で反論を考えてみましょう。

 

深みのある伝え方ができかも?

 

「え?こんなやり方じゃワンパターンにならないかって?」

大丈夫です。他の書き方もたくさんあるので、

また今度、お伝えしますね。

 

えらせん

ABOUT US

えらせんインスタブロガー
「世界を前向きにする」をモットーにインスタグラムで発信中。心理テスト、言い換え言葉、心理学など、楽しい投稿を毎日更新。著書「一生使える言い換え言葉」。